失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

失業中の収入と支出|会社を辞める前の準備

月々の収支

家計簿を付けていないと、毎月何にいくらかかっているのかわからないと思います。



会社を止める前には、今の収入に対し毎月いくらの出費があるのか、無駄な出費がいくらあるのか、住宅ローンはどのくらい残っているのか、会社に返済するお金はどれくらいあるのかを知っておきましょう。

そうすることで失業期間中の生活のシミュレーションができます。

失業期間中の収入として雇用保険(失業保険)の基本手当があります。

この手当は会社を辞めた理由、年齢、雇用保険の加入期間により貰える額、貰い始める時期、貰える期間が違いますので注意してください。

自己都合退職は不利

自己都合で会社を辞める場合と会社都合で会社を辞める場合とでは、会社都合退職のほうが、手当を貰い始める時期も貰える期間も非常に有利です。

また、例えば19年間勤務して会社を辞める場合と20年間勤務して会社を辞める場合(雇用保険の加入期間)とでは、20年の方が貰える期間が有利になります。

また、退職前の6ヶ月は残業をたくさんした方が基本手当が多くなるようになっています。(上限はありますが)

尚、会社によっては雇用保険に加入していない場合(基本的に違法ですが)もありますので、この点もチェックしておきましょう。

チェックは給与明細に雇用保険が天引きされていなければ危険信号です。

その場合は会社の担当者かハローワークに確認をしましょう。


その他退職までに確認すべきこと

福利厚生の1つとして会社が契約している保険(団体保険)に加入している場合は、退職後一定期間以内なら無審査で個人契約に切り替えることができる場合がありますので、保険会社に確認してみましょう。

団体から個人になると保険料が多少上がる場合があります。

また、退職後に会社でやっていた業務と同じ内容の仕事を一定期間行ってはいけない(競業禁止)といった社内規則がある場合がありますので注意しましょう。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
辞める覚悟
会社員としての信用を失う
失業中の収入と支出
転職の注意点
ウェブで職を探す
転職癖をつけない
ヘッドハンティングの注意点
会社を辞める手続き
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
北洋銀行 住宅ローン 金利




























失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。