失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

ヘッドハンティングの注意点|会社を辞める前の準備

会社員の42%はヘッドハンティングを受けたことがある?

ある転職サイトのアンケートでヘッドハンティングを受けたことがあるか?という質問にあると答えたか社員が42%いたそうですが、実はその大半は偽物のヘッドハンティングと疑ってよいのかもしれません。



偽物のヘッドハンティングとは?

偽物ヘッドハンティングの見抜き方

人材紹介会社のサービスを登録型とすると、ヘッドハンティングは人材紹介サービスのサーチ型と分類することができます。

大きな違いはお金の流れにあります。

ヘッドハンティングの場合は、最初に会社から依頼があって料金を支払、人探しが始まります。

ヘッドハンターは会社が求める人材について詳しく聞きとり、その条件に合った人材をピンポイントで狙います。

狙いをつけた人材を探し当て、ヘッドハンターが事前に会い入社の意思と適性を確認します。

会社との面談ではお互いが対等な立場で入社の条件について話し合うというもので、会社から採用の合否が伝えらるといった一般の募集とは違います。

これに対して偽物ヘッドハンティングの多くは、熱心に勧誘を行う登録型の人材紹介サービスです。

偽物のヘッドハンターの多くは人と接触し、登録リストに名前を載せてキープします。

そしてこんな人材はどうですか?と起業に面接を勧めます。

登録型の人材サービスは会社が採用して初めて料金が発生しますから、熱心に売り込みます。

売り込まれた会社は会ってみて欲しい人材だったら採用してもよいかも・・・というくらいの気持ちです。

もちろん年収アップの望める転職で条件もよいのなら悪くはありませんが、採用の条件などはしっかり確認しておきましょう。


ライバル会社からのヘッドハンティングに注意

ライバル会社がヘッドハンティングであなたが欲しい理由を考えてみてください。

あなたの能力が欲しいのでしょうか?あなたが今勤めている会社の情報が欲しいのでしょうか?あなたの業績をあなたの会社から奪いたいのでしょうか?

あなたの能力を純粋に欲しいというのならよいのですが、あなたの会社のノウハウが欲しいのなら賢い転職といえるでしょうか?

あなたの会社の就業規則に退職後も会社の情報やノウハウを他社に漏らすことを禁止していませんか?

同業他社への転職そのものを禁止している場合もあります。

あなたの会社に損害があったのならば、あなたが訴えられることもあります。

あなたの会社から業績を奪い、あなたの会社を陥れたいというヘッドハンティングも存在します。

こんな目的のヘッドハンティングで転職してしまったらどうしますか?

あなたの会社からは裏切り者扱いされ、引き抜いた会社からは不要な人材のして冷遇される・・・決して考えすぎではないと思います。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
辞める覚悟
会社員としての信用を失う
失業中の収入と支出
転職の注意点
ウェブで職を探す
転職癖をつけない
ヘッドハンティングの注意点
会社を辞める手続き
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ローン 借金











































失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。