失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

退職までの心得|会社を辞める手続き

退職届を出すまでは内密に

自分から会社を辞めたくなった場合に退職までの段取りを説明します。



まず、あなたの会社の就業規則で退職届(退職願)をいつまでに会社に出さなければならないかを調べます。

就業規則になければ、民法の規定より少なくとも辞めようとする日の2週間前までには提出しましょう。

そし、退職届を出すまでは、絶対に会社を辞めようと考えていることを会社の人間には漏らさないようにします。

思い悩んでいると、つい同僚や上司に相談したくなるものですが、翌日には社内中に知れ渡っていたということはよくある話です。

退職の話が社内に広まると、退職までの仕事がやりにくくなったり、嫌がらせを受ける可能性もありますので、退職が決まっても退職届を会社に出すまでは極秘で退職の準備をすすめましょう。

また、退職届を提出した後も、むやみに会社を辞めることを広めるのも控えましょう。

自分が退職することで社内にどんな波紋を広げてしまうかわかりませんので、出来る限り鳥跡を濁さず退職できるように配慮するのも賢い選択です。


すぐに会社をやめられないケースもある

会社を辞めたいと思ってもすぐに辞めることはできません。

一般的に会社に入社すると、会社と労働者の間で、労働契約を結びます。

会社を辞めるということは、この労働契約を労働者側から解約の申し出をすることをいいます。

この解約をいつまでに行えばいいかということは、労働基準法に定めがなく、民法が適用されます。

民法によれば、期間の定めのない労働契約はいつでも解約の申し出をすることができ、解約の申し出後2週間経つと効力が発生するとされています。

つまり、法的には自分が退職したい日から2週間前に退職の意思を会社側に伝えればよいことになります。

ただし、就業規則で1ヶ月前に退職の申し出をしなければならないと定められている場合は通常就業規則に従います。

業務の引き継ぎや補充要員の準備など会社側の都合を考えると最低でも1ヶ月前には退職届を出したいものです。

その後の付き合いを考えたり円満な退職を望むのならそのあたりも考慮した方が賢いと思います。

最近派遣社員や契約社員など有期労働契約が増えていますが、労働契約期間に3ヶ月、半年、1年と定めがある場合は、やむを得ない場合を除いては、その期間は労働者側から一方的に解約(退職)の申し出をすることができません。

そのため、契約期間中に退職をする場合は、労働契約の相手方である会社が同意してくれないと退職ができませんので、注意が必要です。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
退職までの心得
入社前の条件と違うとき
いつ誰に退職を伝えるか
退職届の書き方
残っている有休の処理
業務の引き継ぎをしっかり
会社から受け取るもの返却するもの
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
為替


































失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。