失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

入社前の条件と違うとき|会社を辞める手続き

労働条件をチェック

会社は労働者を雇うときに労働条件について次の事項を書面により明示しなければなりません。



書面により明示とは、書類を交付して読ませた後で回収しても同じことになります。

・労働契約の期間

・就業の場所や業務の内容

・始業、終業の時刻、休日、休暇、残業などの労働時間

・賃金に関すること

・退職に関すること

労働条件が違った場合

会社は労働条件の重要な部分の明示を行うように義務付けられているので、入社したときは、必ず会社と労働契約書を取り交わし、労働条件を確認するようにしましょう。

実際に働いてみて、その条件と違う場合は、会社をすぐに辞めることができます。

この場合、就業するために住居を移転し、会社を退職した日から14日以内に帰郷する場合、会社にその旅費の請求をすることができます。


求人票の内容は労働条件の提示ではない

公共職業安定所(ハローワーク)の求人票や求人誌の募集広告に記載されていた条件と違う場合も、同様に扱われることがあります。

ただし、求人票や求人広告に書かれた内容は、労働条件の明示ではありません。

採用面接時に細かい説明をして、実際に雇うことになって、書面により明示をすればよいことになっています。

採用面接時に求人票や求人広告と異なる労働条件に合意した場合は、それに従うことになります。

いずれにしても、証拠の書類が存在することが重要になります。

ここで注意しておくことは、条件が違うという判断について、独断的な判断か客観的な判断かということです。

面接時によく確認せず、「〜だろう」と思って入社したものの想像とは違っていたというケースはよくある話です。

このような理由で転職回数が増えればその分、その後の再就職に不利になります。

面接時には書類による確認も含めて、自分の希望する内容に見合っているかよく確認しておくことが必要です。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
退職までの心得
入社前の条件と違うとき
いつ誰に退職を伝えるか
退職届の書き方
残っている有休の処理
業務の引き継ぎをしっかり
会社から受け取るもの返却するもの
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ジャックス 金利
































失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。