失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

いつ誰に退職を伝えるか|会社を辞める手続き

最低でも2週間前に

自分から会社を辞めるときは、会社に対して退職に意思を伝えなければなりません。



伝える時期は、民法では2週間前とされていますが、業務の引き継ぎや担当している業務処理から考えて、もっと早い時期に伝えるのが望ましいと思われます。

目安になるのが、就業規則や労働契約書の退職に関するルールです。

就業規則や労働契約書には、よく自己都合で辞める場合には○日前までに会社に申し出ることという定めがあります。

そのルールに従うのが最善の方法でしょう。

しかし、就業規則や労働契約書の期日は最低限の定めですので、業務の繁忙期やプロジェクトの進行中などを配慮し、一番よいタイミングに意思を伝えるようにしましょう。

これも思わぬトラブルを避ける賢い方法です。

直属の上司に辞める意思を伝える

誰に退職の意思を伝えるかですが、直属の上司に伝えることになります。

通常は、自分が所属する部や課の責任者になりますが、場合によっては店長や営業所長など、小さな会社だと社長に直接というケースもあるでしょう。

直属の上司を乗り越えて、その上の上司にいきなり相談するようなことは辞めましょう。

直属の上司の顔が立たなくなり、思わぬトラブルになる場合があります。


スポンサーリンク

面と向かって伝える

まずは、直接口頭で相談するのが望ましいでしょう。

面と向かって意思を伝えるのが苦手だからといって電話やメールで退職の意思を伝えるというのはどうでしょうか?

また、同僚たちの前でいきなり退職の話を切り出すのもやめた方が無難です。

上司に相談するときは、会社の不平不満は心にしまっておき、個人的な理由であることを伝え、無用なトラブルは避けるようにしましょう。

そして、退職の日時や退職までのスケジュールを確認しておきます。

退職日は、上司とよく話をして決定し、自分の都合ばかり主張するのはやめましょう。

また、退職の相談をしたときに、引き止められるこtもあるかもしれません。

上司にとっては、部下が辞めていくのは管理能力を問われる事にもなりますし、会社にとっても人材の流出となりますので、大きな痛手となります。

給与の引き上げや昇進の約束、部署の異動など好条件が出されるかもしれませんが、ふらふらと考えを変えずに、しっかり退職の意思を固めて、上司には相談するようにしましょう。

退職することは、体力も精神力も必要なのです。

退職するまで心が折れないようにしましょう。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
退職までの心得
入社前の条件と違うとき
いつ誰に退職を伝えるか
退職届の書き方
残っている有休の処理
業務の引き継ぎをしっかり
会社から受け取るもの返却するもの
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
金利 今後











































失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。