失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

業務の引き継ぎをしっかり|会社を辞める手続き

挨拶回りの段取り

退職するためには、直属の上司に相談することから始めますが、このとき退職日の相談もします。



会社の都合と自分の都合をよく話しあってから、退職日の設定、退職日までの業務の引き継ぎや挨拶回りなどの段取りも決めていきます。

退職日が決まると、退職届を提出します。

会社に退職届が受理されると、会社が決めた後任者に業務の引き継ぎを行うことになります。

後任者にスムーズに業務を引き継ぐためには、業務の流れやマニュアルなどを文章やファイルにし、取引先の名詞や情報は整理して、しっかり引き継ぎ資料をまとめて後任者に渡すようにします。

退職後に、質問や確認の連絡が来ないように細かい点まで明記しておきましょう。

後任者を得意先に紹介

ある程度引き継ぎが終わったら、後任者を連れて取引先への挨拶回りをします。

今までお世話になった感謝を示すとともに、これからも引き続きお願いしますという気持ちを伝えます。

また、このとき、挨拶状の手配も忘れずに行います。

これまで関わってきた人と今後どんな縁で出会うかわかりません。

きちんと退職することを伝えておきましょう。

また、自分の残務処理もどうせ辞めるのだからと適当に行うのではなく、退職するのだからしっかりとやるんだという気持ちで終わらせましょう。

そして最後の日には、上司や同僚などにしっかり挨拶をしましょう。


引き継ぎが不十分だと退職金減額?

業務の引き継ぎや残務処理をきちんと行わないと、退職金の減額を行うように就業規則に定めをしている会社もあります。

ただし、このようなペナルティの有無に関わらず、業務の引き継ぎや残務処理をきちんと行って退職することは社会人として当たり前のマナーです。

他人はあなたのことをみています。

ちゃんと円満に惜しまれて退職していれば、必ず自分のためにもなります。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
退職までの心得
入社前の条件と違うとき
いつ誰に退職を伝えるか
退職届の書き方
残っている有休の処理
業務の引き継ぎをしっかり
会社から受け取るもの返却するもの
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
財形 金利































失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。