失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

退職勧奨|会社都合退職の場合

整理解雇の一歩前の退職勧奨

肩たたきという言葉があります。



上司がデスクワークをしている部下の背後に忍び寄り、ぽんぽんと肩を叩いて別室に連れ出し、退職届を出すように勧める、こんな光景が代名詞となっている退職勧奨があなたの見に起こらないとも限りません。

肩たたきもやはり会社が整理解雇を回避するための方法であると同時にプロセスでもありますが、不幸にして会社があなたに対して退職勧奨をしてきた場合どう対処したらよいでしょうか。

会社はこの時点では解雇という手続きを取りたくないので、このような方法を踏んでくると思われます。

理由を問いただす

本人が退職を受け入れてくれればそれに越したことはないし、解雇という方法をとることによるあなたとのトラブルを避けたいという考えもあります。

勧奨をされた社員としては、まず、何故自分が退職勧奨の対象となったか合理的な理由を説明してもらう必要があります。

ここで女性だからとか、育児休業を取ったから等、現在の法律では明らかに違反とされる理由やあなたが社長や上司と折り合いが悪いからなど客観的ではない理由で申し渡されたときは自分に問題はないので、応じる必要はありません。

また、逆に仮にその後、解雇を言い渡されたとしても不当解雇の要素が強くなります。


退職金の割増を要求できるケースもある

もし勧奨の理由に自分の仕事の適性や成績、会社の業績などについてある程度納得せざるをえない説明があったり、納得できなくても環境的に仕事を続けることは難しいと感じて退職に応じることにした場合どのように対処したらよいでしょうか。

実質は解雇同様、会社の都合により本来続けることができた仕事を辞めざるを得ないことには変わりがないので、ある程度退職金の割増や一時金などの支給を受け入れ条件として申し入れることができる余地はあると考えられます。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
会社都合退職の場合
企業の倒産で退職
リストラ退職対象となったとき
退職勧奨
リストラによる解雇
自宅待機命令
子会社・関連会社への出向命令
派遣契約打ち切り
懲戒解雇の通告
自己都合退職か会社都合退職か
リストラは不幸でも
会社が倒産したときの対応
倒産後の賃金と退職金は
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
sbiモーゲージ 金利













失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。