失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

リストラによる解雇|会社都合退職の場合

手当がつくケース

会社が社員を解雇する場合は原則として解雇の30日以上前に本人へ日時を明らかにして解雇を行う旨を予告する決まりになっています。



もし30日以内に解雇したい場合は、30日に足りない日数分の平均賃金(原則として過去3ヶ月分の賃金総額をその3ヶ月間の日数で割った額)を支払うことになっており、これを解雇予告手当といいます。

よくテレビドラマなどで気の荒い社長が「お前はクビだ出て行け」 などと発言するシーンがありますが、このようなケース、つまり言い渡された日限りで解雇された方の場合は30日分の解雇予告手当を社長に請求することができます。


解雇要求を撤回させられる

リストラによる解雇の場合は、社員側の問題が原因で行われる普通解雇と違い、会社側の都合によって社員の生活に大きな影響を与えるわけです。

よって会社は解雇予告または解雇予告手当の支給さえ行えば自由に解雇できるというわけではありません。

整理解雇が有効とされるためには、会社は一定の手順を踏む必要があります。

在職を望まれるのであれば、次の点をチェックしましょう。

会社がリストラによる解雇を行う必要があるのか、解雇をしなくてもいいように施策を行うなどの努力をしてくた経過があってのことなのか、解雇の前に自分がリストラの対象となる納得いくような説明や基準があったのかなどをチェックし、十分でないと思われる場合は、会社に解雇を撤回するよう申し入れることが必要でしょう。

また、もしリストラによる解雇を受け入れる場合でも、会社側の経営上の都合により退職せざるを得ない状況になったわけですから、次の就職先の斡旋、退職金の割増などを要求する余地があります。

リストラによる解雇が有効とされる要素として、会社が退職後の労働者についてどれだけ配慮したかという考え方もあるからです。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
会社都合退職の場合
企業の倒産で退職
リストラ退職対象となったとき
退職勧奨
リストラによる解雇
自宅待機命令
子会社・関連会社への出向命令
派遣契約打ち切り
懲戒解雇の通告
自己都合退職か会社都合退職か
リストラは不幸でも
会社が倒産したときの対応
倒産後の賃金と退職金は
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
国債 金利










失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。