失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

年金の加入歴確認|退職後すぐにする手続き

老後の年金の受給要件

全国民共通の国民年金から支給される老後の年金、老後基礎年金は65歳から受給できmかす。



全国民共通といっても、年金保険料を合計で25年以上納めていることが条件です。

この25年間にカウントできる期間は、原則として20歳から59歳までの間で次の3種類です。

1.第1号被保険者として自分で年金保険料を納めた期間、あるいは保険料の免除が認められた期間

2.第2号被保険者(厚生年金または共済年金の加入者)のうち20歳から59歳の期間、または第3号被保険者(第2号被保険者の扶養される配偶者として届け出た人)の期間

3.任意加入期間のうち、加入しなかった期間などの合算対象期間(いわゆる「カラ期間」)

つまり、国民年金の保険料を払った期間やサラリーマンの期間など、1〜3の合計で25年間以上であればよいのです。

老齢基礎年金の額は、20歳から60歳になるまでの40年間すべて年金保険料を納めていた場合、年額79万2100円です(平成21年度年金価額)。

年金保険料を免除されていた期間については減額され、滞納や猶予の期間については、年金額に全く反映されません。

3のカラ期間は、老齢基礎年金をもらう資格の条件としてはカウントされますが、年金額には反映しません。

老齢基礎年金の額は40年間の加入で約80万円なので、加入1年あたり約2万円の年金になるという目安です。

年金保険料を納めた期間が25年間なら約50万円、30年間なら約60万円です。

一部の特例を除いて、加入期間が25年未満のホとは、年金をもらえません。

実際の年金額は年金保険料の納付実績を月単位で数えて計算します。

つまり1ヶ月でも多く納めれば、その分年金が多くなります。


年金の加入記録を必ずチェックしよう

年金記録の漏れや誤りを正すために、平成20年度には「ねんきん特別便」が全加入者に送付され、平成21年度には「ねんきん定期便」の送付が開始されました。

ねんきん定期便は、毎年誕生月に送られます。

掲載される内容は、年金加入期間、年金見込額、保険料の納付額です。

35歳、45歳、58歳の人には、次の項目も追加で掲載されます(平成21年度に限り、年齢に関わらず全員に掲載されまいした)。

年金加入履歴、厚生年金のすべての期間の月毎の標準報酬月額、賞与額、保険料納付額、国民年金のすべての期間の月毎の保険料納付状況です。

自分の加入履歴に漏れや誤りがないか、必ず確認しましょう。

悪質な経営者だと、年金保険料を社員の給料から天引きしながら、厚生年金に加入していないケースや、勝手に脱退しているケースがあります。

また、給料の額を実際よりも少なく申告して、納める保険料を安くしているケースもあります。

最近の例では、ある大企業グループが事務処理ミスで、約4000人の社員の年金保険料を過少申告して、一部を納めていなかったことが発覚しました。

こうした場合、従来は時効により2年分しか年金の加入歴を訂正できませんんでした。

平成19年に成立した厚生年金特例法によって、現在は給料から保険料が天引きされていた事実が確認されると、加入時に遡って年金記録を訂正することができます。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
退職金をもらう
支給対象かチェック
未払い賃金は
退職金は手取り分が多い
早期退職制度の割増退職金
退職月と住民税の納め方
退職後の住民税に備える
国民年金への変更手続
年金保険料の免除
年金の加入歴確認
医療保険の手続きはすぐに
会社の健康保険を継続する
国民健康保険への加入手続き
出産で退職する場合の手当
怪我や病気で退職する場合の手当
将来のお金にかかわる手続き
財形貯蓄はどうなる
生命保険の見直し
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ソニー 金利







































失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。