失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

支給対象かチェック|退職後すぐにする手続き

自己都合と会社都合では額が異なる

勤務先に退職金制度があっても、すべての退職者が貰えるとは限りません。



退職金の規定を調べて支給対象にあたるかどうかを確認しましょう。

「勤続3年以上の社員に退職金を支給する」というように、一定期間の勤務を条件にしているのが一般的です。

また、自己都合の退職者には、会社都合の退職者の70%を支給するというように、自己都合で退職すると支給額が減額される規定もよくあります。

あるいは長期の無断欠勤や会社の金品の横領などで懲戒解雇になると、退職金を貰えないのが一般的です。

尚、会社が中小企業退職金共済(中退共)で退職金を積み立てている場合には、退職金は共済から直接退職者に支払われるので、自己都合でも減額されずに受け取れます(懲戒解雇者は減額されることがあります)


退職後にボーナスを貰えるケースも

ボーナスがある会社なら、賞与規定も確認しておきましょう。

賞与の支給要件はどうなっていますか?

支給日に在籍していることという項目があれば、文字通り支給日が退職後だとボーナスはもらえません。

前年の12月から当年の5月までの業務成績により7月1日に支払うというような記載だけなら、退職後でも貰える可能性があります。

尚、資金繰りや団体交渉の妥結の送れなどで、ボーナスの支給が遅れることがあります。

在籍要件のある会社で、本来の支給日には在籍していたのに、支給が遅れたため実際の支給は退職後になったということもあるでしょう。

このようなケースでは、支給予定日に在籍していればボーナスを受け取る権利はあるという判例があります。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
退職金をもらう
支給対象かチェック
未払い賃金は
退職金は手取り分が多い
早期退職制度の割増退職金
退職月と住民税の納め方
退職後の住民税に備える
国民年金への変更手続
年金保険料の免除
年金の加入歴確認
医療保険の手続きはすぐに
会社の健康保険を継続する
国民健康保険への加入手続き
出産で退職する場合の手当
怪我や病気で退職する場合の手当
将来のお金にかかわる手続き
財形貯蓄はどうなる
生命保険の見直し
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
預金 金利



失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。