失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

公共職業訓練を受ける|失業生活の送り方

再就職に向けて役立つ知識を

自分が生きがいを感じ、やってみたい職業があったとしても、あなたの今の知識で事は足りていますか?



目的をしっかり持って自営業をはじめてみようと意気込んでいても、その職種には資格や技術が必要ありませんか?

そんなときは、雇用保険に加入している会社で働いている間に、国家資格などの資格取得にチャレンジするのもいいでしょう。

資格取得や技術力の向上のための学校に通った場合に、教育訓練給付制度で費用の一部をもらうことができます。

例えば、販売の仕事しかしたことがない人がこれからは総務や経理の事務系の仕事がしたいと思っても、パソコンが使えないからできるようになりたい、経理のノウハウを身につけるために簿記を勉強したいなどと思ったら、就職活動の期間中に、公共職業訓練校でノウハウを学ぶことができる公共職業訓練制度を使ってみるのもいいでしょう。

教育訓練給付、雇用保険の被保険者である人または被保険者であった人など、スキルアップ(技術や知識の向上)を目指している人たちへの雇用の安定や再就職の促進を目的としています。

公共職業訓練も同様に、転職希望などの失業者もスキルアップを目指すことで、就職活動を有利に進める方法のひとつです。


教育訓練給付を利用しよう

教育訓練給付は、雇用保険の被保険者である人または被保険者であった人が、厚生労働大臣が指定した教育訓練を受講したときにもらうことができます。

被保険者の期間が3年以上ある場合にもらうことができますが、初めて教育訓練給付制度を利用するときには、1年以上の被保険者期間があればいいと要件が緩和されています。

教育訓練給付をもらうために必要な被保険者期間については、同じ会社である必要はありません。

退職してから次の会社に転職して雇用保険に加入するまでの期間が1ヶ月以内(出産や育児などのために退職した場合には最高4年以内の延長あり)であれば、両社の被保険者期間を通算することができます。

教育訓練給付は、教育訓練を受けた資格や学校や施設に支払った費用の最高20%相当額が支給されます。

ただし、上限が10万円とされています。

また、教育訓練給付は、一度利用すると3年間は利用することができません。

いくつかの資格取得を狙っている場合には、受講料が高いもので利用するのが得策です。

教育訓練給付の対象となる訓練は、厚生労働大臣の指定が必要なため、自分にとっては就職やスキルアップに必要な訓練だと思っていても、すべての訓練が対象になっているわけではありません。

ハローワークで確認することができますし、中央職業能力開発機構のホームページでも確認することができます。
教育訓練給付をもらう手続きのときには、訓練の受講を修了した日の翌日から1ヶ月以内に、教育訓練給付支給申請書や教育訓練修了証明書、受講料の領収書などをハローワークに提出しなければなりません。

訓練を途中でやめてしまうと教育訓練修了証明書がもらえないことになり、給付ももらえないことになってしまうので、最後まであきらめない気持ちも必要です。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
失業給付の手続き
失業給付を貰える人貰えない人
失業給付の流れ
失業給付中のアルバイト
退職時に病気ですぐに働けない場合
失業給付中に長期入院した場合
失業認定日は重要
ハローワークで職を見つける
ハローワーク以外の就職活動
公共職業訓練を受ける
再就職時にもらえるお金
失業給付手続きをしないですぐに仕事をはじめたら
確定申告
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
住宅ローン 金利 推移 過去






























失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。