失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

失業給付を貰える人貰えない人|失業生活の送り方

一定期間、会社に勤めていなければもらえない

退職する日までに雇用保険に加入している期間が、自己都合であれば1年以上、会社都合であれば6ヶ月以上なければ、失業保険は貰えません。



ただし、退職した会社には1年以上または6ヶ月以上勤めていなかったとしても、退職した会社の直前まで勤めていた会社を退職したときに失業給付をもらう手続きをせずに1年以内に就職し、2つの会社の雇用保険加入期間を足して1年以上または6ヶ月以上となっていれば失業給付をもらうことができます。

しかし、ただ1年間または6ヶ月会社に在籍して、雇用保険に加入していればいいというものではありません。

それぞれの1ヶ月をみたときに、賃金の計算となるべき日数(出勤日数)が11日以上なければなりません。

転職を考え、就職してからちょうど1年がたったときに退職しようと思っても、その1年間に病気や怪我などで数ヶ月欠勤をして賃金が支払われなかった月があれば、その月は失業給付をもらうための期間(被保険者期間)としてカウントしてもらうことはできません。


専業主婦になるなら貰えない

退職後は、働かずに専業主婦になるときは、働く能力はあても家庭のことを専業として、働く意思が本人にはないわけですから、失業給付が貰えません。

また、定年退職となってしばらく就職活動をしないと考えている人も失業給付をもらうことはできません。

ただし、定年退職した後、就職活動をせずにゆっくりしたいという期間が数ヶ月程度であれば、まず離職票を持ってハローワークで受給できる期間を延長する手続きをしましょう。

本来、失業給付は退職した日から1年以内にもらい終わらなければなりませんが、ゆっくりしたい気持ちがありながら、いつかは働きたいと思っているのであれば、特例で1年までの期間が延長されます。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
失業給付の手続き
失業給付を貰える人貰えない人
失業給付の流れ
失業給付中のアルバイト
退職時に病気ですぐに働けない場合
失業給付中に長期入院した場合
失業認定日は重要
ハローワークで職を見つける
ハローワーク以外の就職活動
公共職業訓練を受ける
再就職時にもらえるお金
失業給付手続きをしないですぐに仕事をはじめたら
確定申告
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ローン 安心



失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。