失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

時間外の割増賃金|パート・アルバイト・派遣で働く

1日8時間を超えると割増賃金

パートでも正社員と同じように、時間外の残業をしたり深夜に働いたりすれば、割増の賃金が貰えます。



法律で決められた1日の労働時間の上限は8時間です。

この8時間を超えて働いた時間については割増賃金が貰えます。

仮に所定の勤務時間が6時間の人は、残業の最初の2時間分は通常と同類の賃金で、割増賃金はもらえません。

午後10時から午前5時までの深夜に働いたときには、残業でなくてお深夜労働の割増賃金がもらえます。

24時間営業のコンビニの求人ポスターで、夜間の賃金が高くなっているのはこの深夜労働の割増賃金が発生するからです。

賃金の割増率は25%以上

時間外労働、深夜労働のいずれも賃金の割増率は25%以上です。

通常の時給が1000円の人なら25%の割増で時給1250円になります。

深夜の労働が8時間を超える時間外労働なら、割増率は合せて50%以上です。

通常の時給が1000円の人なら1500円になります。

法律では、1週間に1日の休日または4週間で4日の休日が義務付けられています。

この休日をとらずに働いた場合、休日労働の割増賃金は35%以上です。

仮に週休2日の勤務の人が週の休日のうち1日を勤務したとしても、1週間に1日の休日はとれるので、割増の対象にはなりません。


休日の深夜はさらに割増

休日労働でさらに深夜に働いたときは、合せて60%以上の割増になります。

休日労働で8時間以上働いたとしても時間外労働の割増は付きません。

休日には時間内・時間外という区分けがないからです。

さらに平成22年4月から、月60時間を超える法定時間外労働については、賃金の割増率が50%以上です。

ただし、中小企業は当分の間、今まで通り25%以上でもよいとされています。

法定時間外労働や休日労働は、賃金の割増の魅力がありますが、労働者の心身には負担となりますので無理のないようにご注意ください。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
非正規社員で仕事に就くときは
労働条件通知書
最低賃金
働く人の権利
パートでも有休
時間外の割増賃金
パート・アルバイトと社会保険
労災保険と雇用保険の対象
独立
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
スーパー定期 金利


































失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。