失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ 

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>

ノープランで退職するのはあまりにリスキーです。退職前の準備から退職後の収入や手続きまでしっかり知識をつけてください。

サイトマップ

人脈づくりと地域とのかかわり|独立

異業種交流会〜各種団体の利用

事業を成功させるためにはお客様に認知して頂くことが必要です。



ホームページもひとつの広告媒体ですが、ホームページがお客様へ直接アプローチはしてくれませんので、待ちの営業となります。

これに対して、営業マンは積極的にあなたの会社を宣伝してくれるのですから、成約率ははるかに高くなります。

この攻めの営業をタダでしてくれたら、どんなにかいいことでしょう。

実はそんな制度もあるのです。

商工会議所などの団体に加入していれば、異業種交流会というイベントを開いてくれます。

こういったイベントに参加して、自分の思いのありったけ伝えます。

この輪が広がれば、紹介だけで、たくさんの仕事が得られることも。

人脈作りが重要

また業種組合という組織もあります。

志を同じくする同業者の集まりですから、百冊の本を読むより参考になる意見や経験を聞くことができます。

仲間意識が強いのか、苦労を惜しまず親身になってくれる人も大勢います。

特に創業したばかりの人にとっては、記帳な人脈となり、損得勘定ではなく、何らかの団体に加入することをオススメします。


中小企業応援プロジェクト

長引く不況は、健全に経営している事業主に対しても体力を奪い、規模の縮小、あるいは倒産をもたらせています。

なんといっても売上不振が一番の原因ではありますが、その背景には固定費が大きく関与しています。

企業は会計ソフトや勤怠管理ソフト、給料計算ソフトを導入して管理業務を行います。

しかし購入費用と年間保守費用は相当なものとなっているのが現状です。

零細企業においては、そんな費用をかけてシステムを導入することはできません。

そこで、経済産業省では少しでも経費負担を少なくするため、民間企業と連携してJ-SaaSという仕組みをつくりました。

ソフトを買うのではなく借りるシステムです。

一度に3人で作業することはない場合、1つのIDだけ借りれば、それぞれのパソコンで操作することが可能です。

しかもデータは共通なので、常に最新の状態で作業が可能となります。

出張先で同じパソコンでなくても作業ができれば、効率がぐっと高まります。

様々なソフトがラインナップされているので、まずは無料登録しておきましょう。

各地において、無料のセミナーが行われておりますので、参加してみましょう。

中には有益なテーマを併設したセミナーもあるので、J-SaaSのホームページからチェックして早めに応募しておくのが賢い選択です。

専門家の活用

法人設立登記、税務申告、記帳、労務管理、給与計算など、日常業務がたくさんあります。

ただ設立当初は少しでも費用をかけられませんので、出来る限り自分で行うことが望ましいのですが、専門家に頼んだほうが結果的に安上がりだったということは少なくありません。

何度も役所へ行き来している時間や労力を考えれば、その時間で利益をあげることで、専門家に支払う費用は軽くペイできてしまものです。

記帳にかんしても、自分で夜な夜な行うよりも、安価に手早く処理してくれる記帳代行サービスもあります。

専門家や取引業者が取引を増やしてくれることもありますので、業者ネットワークをうまく利用するのも賢い選択。

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
失業の現実
会社を辞める前の準備
会社を辞める手続き
会社都合退職の場合
退職後すぐにする手続き
失業生活の送り方
パート・アルバイト・派遣で働く
独立
社長になる
開業するには
個人事業を始める
運転資金や設備投資
人を雇うには
社会保険はあなたの希望では決められない
人脈づくりと地域とのかかわり
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜
リンク集
ひとりでできる定年退職手続きマニュアル
失業保険 最強バイブル【秘伝の書】
かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
住宅金利 推移






























































失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。